スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルホン運用と両建てスワップ運用を比べてみた

こんにちは!ご訪問ありがとうございます^^


FXが大好きな『WIN』といいます。

相互リンク、常時募集中です^^
気軽にコメントください♪

ブログランキングに登録してます
どうか、2つ応援よろしくお願いします
(1クリック詐欺などでは絶対ありません!)

↓ポチッ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


口座開設でいろいろな特典をもらえるチャンスは一度しかありません
私は読者の方に出来るだけより良き条件で開設していただきたいので
ドル箱か自己アフィリでの開設をお勧めします

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

ドル箱に関しての記事は⇒⇒⇒ ☆ ここをクリック ☆


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


まず、みなさんに良いお知らせが^^

頼もしいブロガーさんが復活されました

見識・情報網・経験などにとても優れている方で、

私の憧れている&尊敬しているブロガーの方です

FXのプロの方ではありませんが、そちら方面のプロの方です

現在、初心者向けのアドバイスを書かれています

私の甘っちょろいアドバイスとは桁が違いますので勉強されたい方は

是非ご訪問ください(冷やかし・荒らしは絶対やめてくださいね)



さて、同じように尊敬しているブロガーさんの方からの宿題で

両建てスワップ運用とドルホン運用の安定度の比較ですが

手仕舞いの簡略さ以外はドルホン運用のほうが安定している
(勿論、底値に近いところでポジることが前提です)

ということが私の中での結論です
(私が素人兼業トレーダーであることはインプットして続くを読んで下さい)



私の拙い脳みそで考え出したことは・・・

底値掴みでプラススワップのドルホン運用を否定することは

想定しなけらばいけないリスクがFXやるなということに繋がる気がします

ちょっとオーバーな結論の書き方かもしれませんが、

お暇な方は続きを読んで下さい


まず、最初に想定できることはマイナススワップになったまま

スーパー長期間底値張り付きorドルとのペッグ制解除ですが、

HKMAの余副総裁、米ドルとのペッグ制継続を確認

という発言もありますし、

ドルホンの底値張り付きも永遠ではないでしょうから

常識的マイナススワップならば為替差益で相殺できる可能性が高いです


では、リスクはないかと問われればないわけではありません

●FX会社の倒産などの、FX会社による口座の強制解約

●レバレッジの縮小

●信じられないマイナススワップの計上

●継続発言を撤回し、ペッグ制を解除


どれもありえることなのですが、最後の発言撤回を除けば

こんなの考えすぎていたらFXで長期運用はできないですよね^^;


上記のリスクでもマイナスを回避しようとするならば、

長期保有ポジは短期間で為替差益がプラスになったポジのみホールド

という、かなり無理難題にちかい、鋼のルールが必要になります
(鋼のルールを徹底できる上手なトレーダーになれれば金持ちになれます)

しかし、お宝ポジになるのかどうかの判別を素人の我々が判別するのは

かなり難しいのではないでしょうか?


実際に会社の倒産や急激なレバの縮小は過去に何度かあったのですが

それを考慮してしまうと、FXで資産運用ということが無理

ということになっちゃうわけです

いきなりレバ1を強要とか強制口座解約・FX禁止法などができることを

想定しはじめたらFXできないってわけですね^^;


ただ、会社の都合による口座の解約や、急にスワップを変更・

レバをいきなり引き下げられることはありえますし

今まであったので、どんなに有利に思える運用でも

撤退を常に視野に入れ、口座や運用方法は

ある程度分散したほうがいいのかもしれませんね


今日の結論としては、

底値掴みのドルホン運用はかなり安定度にすぐれているが

絶対ではない(両建てに関しては過去記事読んで下さい)

ただ、手仕舞いの簡略さは両建て運用のほうが簡単なときがある


というかんじです^^



だいぱぱさんの手法との比較も宿題だったんですが、

だいぱぱさんの手法は現在非公開ですので、

そのうち、買い下がりナンピンの安定度を考えたいと思います

テーマのナンピンとは無秩序なナンピンではなく

計画的なナンピンを検証したいと思います
[ 2010/12/04 18:12 ] ネタ | TB(0) | CM(26)

今度ゆっくり行くときがあれば会ってください!
よろしくです。。
[ 2010/12/04 18:53 ] [ 編集 ]

WINさん、こんばんは。

昨夜の雇用統計はすごかったみたいですね。
う~ん。また円高に逆戻りなのか…。
[ 2010/12/04 20:05 ] [ 編集 ]

どーもこんばんはオーサカです
僕も魚屋さん尊敬してます
あの人は日本一のトレーダーやと思ってます
もちろんWINさんも良い文章を
書きはるなーと尊敬してますよ
[ 2010/12/04 20:34 ] [ 編集 ]

【底値に近いところ】
ちょっと上がってきて、底値とは言い難いんですよね(・・;)
本当に底値に近いなら、海外レバ500倍口座にお出まし頂くのですが(汗)
[ 2010/12/04 20:37 ] [ 編集 ]

あちらこちらで、ドルホン運用って見かけますね。
興味あり^^
[ 2010/12/04 20:41 ] [ 編集 ]

はじめまして。
例の一件以来ちょこちょこ見させてもらってます。
私は自身のスタイルと合致しないのでどちらもしませんが、こうやって複数の手法を比較するのってとても大事ですよね~♪
否定から入らずよいものは何でも受け入れて吸収しようという柔軟性がwinさんの強みですね~
これからもがんばってください。
[ 2010/12/04 20:53 ] [ 編集 ]

WINさんの尊敬するブロガーさんのところへお邪魔しました。これからもちょこちょこお邪魔してみようと思いました。
[ 2010/12/04 21:46 ] [ 編集 ]

こんばんは。
僕はドルホンも異業者両建ても現在ポジってます。
異業者両建ては、何時でも入れて出口も自分で決められますね。
ドルホンは底値を待てる気の長さが必要っすね~
[ 2010/12/04 22:01 ] [ 編集 ]

WINさん、こんばんは♪

私の中では、安定運用はドルホンが底値の場合は決定なんですよね~
今回も複利をドルホンで始めたとたんに1割増しですから^^

問題は底値じゃない時…
利回りが良いがドルホンに移るのに最後は損切のだいぱぱ手法か、何時でも手仕舞えドルホンに移れる両建てか…
どちらの方が、ドルホンと組み合わせた時に本当に高利回りなんでしょうか?
[ 2010/12/04 22:48 ] [ 編集 ]

こんばんは。
お宝ポジって、何年後にそう思えるのかww
カミさんに、おこずかいを貰うときは『宝払いするから!!』って言ってますが・・。。
[ 2010/12/04 22:55 ] [ 編集 ]

ブログ遊びに行ってみます^^
[ 2010/12/04 23:29 ] [ 編集 ]

||ポン・ドカン|| です!

こんばんわぁ~
今週もお疲れ様~
雇用統計はしっとりです(>_<)
[ 2010/12/04 23:50 ] [ 編集 ]

WINさん、こんにちはv( ̄∇ ̄)
リアルにそんな会社とはできれば遭遇したくないですぅ。
かと言っても、それを感知するのは?って話ですよね。
リスクに関してはいろんな場合を想定しないとダメなんですね・・・
[ 2010/12/05 00:33 ] [ 編集 ]

なんでも絶対はないですね。
[ 2010/12/05 01:07 ] [ 編集 ]

こんばんわ。

ドルホン、チャンスがあれば、参戦考えてみます!
[ 2010/12/05 01:13 ] [ 編集 ]

ドルホン昔やってましたが、リーマンでやられましたね~
それ以来チェックしてないです・・・
[ 2010/12/05 01:50 ] [ 編集 ]

すごくいろいろ考えてますね。
ブログでも研究熱心ですね^^
[ 2010/12/05 08:33 ] [ 編集 ]

無計画は得意です!( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
[ 2010/12/05 08:39 ] [ 編集 ]

FXにノーリスクはありえないですからね。
今週もお互い、体調とリスクには十分注意して
頑張りましょう!!

[ 2010/12/05 08:46 ] [ 編集 ]

WINさん、おはようございます。

興味深く読ませて拝見させていただきました。

レートが暴れた時はドルホンの方が断然儲かりますね。
長期間底値張り付きで塩漬けにするリスクをとるならドルホン底値買い。
それが嫌なら安定的にスワップが取れる異業者両建て。
ミックスするのも、アリだと思います。
[ 2010/12/05 09:21 ] [ 編集 ]


「くるくるワイド手法」と「だいぱぱ手法」の優劣は
くるくるの方が良いと思いますよ。
[ 2010/12/05 12:39 ] [ 編集 ]

更新が途絶えていたブログが復活したりするのは楽しいですよね(ノ´∀`*)
一度離れられるとなかなか復活されませんから(;つД`)
[ 2010/12/05 12:57 ] [ 編集 ]

USDHKDの方が資金移動がない分、今のレートなら面白いですね。

レバレッジ規制が行われた場合(中止になるといいですが)その影響はUSDHKDに大きく出ますね。証拠金に対する変動割り当て分が大きい異業者両建ては影響は受けますが小さい。USDHKDはもともと変動は少ないですから、レバレッジ規制の影響を避けえません。

しかし、やはり、獲得レートとスワップが重要ですね。
[ 2010/12/05 13:24 ] [ 編集 ]

devilsmileさん
美味しいとんこつラーメンを食べに行きましょうw

しなもんさん
どうなるんでしょうかね?
ドル売りの流れは長いですから感嘆には円安にはならないかもですね

オーサカさん
お褒めの言葉ありがとうございます
へんな商材よりも魚屋さんのくるくるが儲かりますからねw

ねむゴンさん
やはり底値まで待つべきかなぁとおもっています

ひまママさん
儲けている人が結構多いようですね
私も次は狙いますよ^^

BJJUNさん
ご訪問&コメントありがとうございます^^
私自身では手法を編み出せないので、みんなの手法を検証し、自分に合いそうなものをチョイスしています
ほとんどのやり方がプラスなのでありがたいですね^^

たなぼたさん
お二人ともすごい方たちですから勉強になると思います!

ヤンシーさん
この頃、絶好調ですよね
うらやましいですよ^^

魚屋さん
だいぱぱさんの手法に関しては、詳しいことが非公開のためにわからないので、買い下がりナンピンと比べて考えているところです
もうしばらくお待ちください

がおぶーさん
結局どこで利をとるのかでしょうね
今度このことを記事にしますね

ゆんさん
いってみてください。素晴らしいブロガーさんたちですよ^^

ポンドカンさん
お疲れ様でした

きくりんさん
やはり、大手を使って、あとは祈るだけなんでしょうね^^;

エオリアさん
そうだとおもいます

24歳さん
私も多分参戦予定です^^

恐竜男さん
底値のドルホンは硬いようですね^^

カタランさん
検証しないと、私自身は無知識ですからね^^;

りぼじゅんさん
またまたぁw

しりゅうさん
そうですね、みんな、最後に笑えるといいですよね^^
笑えるように頑張りましょう!

暗いそらさん
個人的には分散投資先の1つに入れたいと思いました^^

だいぱぱさん
どちらもいい手法だと思います
だいぱぱさんの手法公開が待ち遠しいです^^

虫さん
復活していただいて、挨拶に来ていただけるとうれしいですよね^^

masaruさん
25倍だとドルホンは苦しいけど、でも、安定さは代わらないのかなぁと思っています

[ 2010/12/05 15:06 ] [ 編集 ]

計画的なナンピン賛成です

しかし、メンタル的に厳しい時もあるなぁ
[ 2010/12/05 15:55 ] [ 編集 ]

WINさん、こんばんは。

と、とりあえず…。
走ってきましたぁ!!
[ 2010/12/05 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winwinwinwinwin.blog42.fc2.com/tb.php/585-26f91800







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。