スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スワップ派が負ける理由 その1

昨日は協調介入がありましたね

個人的には、こんな規模なのと拍子抜けでした

ロイターによると、日銀は2兆円くらい使ったようですが、

ECBは5600億円・カナダは100億円くらいだったようですね

これで、終わりならばただの売り場提供になりそうです^^;


週明けにポジを持ち越した人はS・Lともに要注意ですね

76円まで仕掛けられたのも早朝でしたから

介入するにしても、仕掛けるにしても早朝が一番効果がありそうです


さて、先日の円高のときにブログを徘徊して思った事がいくつかあります

とくにスワップ派と呼ばれる人に関して思ったことです


『そのポジはいつ利確するのですか?』

これは、ある凄腕女性トレーダーが

スワップ派のブロガーさんに問いかけた言葉です


90円で買ったものを89円で売れば損だし、91円で売れば特

これは私のお友達ブロガーのカタランさんの言葉です


この2つの言葉を十分に理解し実行せねば

スワップ派は生き残る可能性が激減するでしょう


また、SAXO系以外の口座なら、

お宝ポジでも、含み損ポジでももらえるスワップは同じです
(同じ会社で運用していることが前提)


前置きが長くなりました^^;

例えば、スワップ派トレーダーが

77円のオジ円のポジを持っているときにどこで決済している人が多いか

と推測すると、77円前後、または以下の場合が多いように感じます
(勿論、明確に利確ポイントを決めている方もいますよ)


84円に上がったときは

『ヒャッホー!為替差益大幅もプラスだし、スワップも貯まっているぜ』

『もっともっと上がれ~!』

と思うわけですね


ところが、84円から下がってくると

意外に微利益撤退や同値撤退する人が多いように感じます

(勿論、ストップにかかるまで持たれる方も多いと思います)



ポジるときには、レバ2~3だから、●●円の下落まで大丈夫

と考えてポジったのにです


決済を急いだ理由としては、

●プラスポジだったのに含み損ポジになるのがいやだったから

●下げトレンドのようにかんじたから

●口座の実効レバレッジを下げ、DF力を上げたかったから


ポジるときは大きな損失を覚悟して、利益は薄くても撤退。。。


これって、よく聞く『コツコツドカ~ン』の典型的な例ではないでしょうか?


んじゃ、スワップ派はどうすればいいんでしょうか?

続きは時間があるときに考え考え書きたいと思います^^



ブログランキングに登録してます

どうか、2つ応援よろしくお願いします
(1クリック詐欺などでは絶対ありません!)

↓ポチッ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2011/03/19 18:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(19)

スワップ派は外貨預金より手数料分は得と考えてレバレッジ1倍で運用するのが良いのではないでしょうか。銀行の金利よりよほどましです。それでもランド円のように20円で買えば元に戻らないこともありますから、買うタイミングがポイントでしょうね。やっぱり一気に買わずに、初めは資金の一部を投入し、買い下がっていく方法が有効なのではないでしょうか。
[ 2011/03/19 18:45 ] [ 編集 ]

どういうわけか、スワップのことを考えて、ポジションを多く取ると、かならずドカンとやられます。
[ 2011/03/19 19:09 ] [ 編集 ]

協調介入に期待した身としては本当にがっかりです。 一応今後も介入は続くのでしょうが、トレンド転換はやっぱり無理なのでしょうか?
[ 2011/03/19 20:02 ] [ 編集 ]

株なら多少の含み損でも精神的に大丈夫なんですが・・・
[ 2011/03/19 21:00 ] [ 編集 ]

システムダウンの可能性が高いと思ったので
持ち越しはしませんでした。

大災害の時は一度クローズしなければ・・・。

また頑張りましょう。^^
[ 2011/03/19 21:57 ] [ 編集 ]

スワップ派は一生決済しない、もしくは目標金額に達するまで複利運用するつもりでいるのではないでしょうか。
僕は昔はそうでしたw
今も、究極の目標はそこです。
[ 2011/03/19 23:36 ] [ 編集 ]

長期投資の難しさですね。
[ 2011/03/20 00:40 ] [ 編集 ]

WINさん、こんばんは。

レバ1倍の豪ドルロングだと、ちょっと前のスワップで年3円ちょっとのスワップにしかならないんですよね。
豪ドルのボラティリティに対してこの程度のリターンだと、相当長期で考える必要がありますね。

買値にストップを引き上げる、というのは良くやります。
[ 2011/03/20 01:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/20 08:44 ] [ 編集 ]

 スワップ派は負ける可能性が高いですね。資産配分の観点から外貨を持つならスワップは重要なファクターですが、反対売買をするつもりなら、スワップの影響はレートの変動に比べれば微々たるものです。
[ 2011/03/20 10:39 ] [ 編集 ]

自慢

すごい下げでしたね。
豪ドル74円まで下落して、戻してきたところ77円で40,000通貨買っときました。まぁ5円下落したら損ぎるつもりでストップ置いてスワップ運用を目論んだところ次の日介入!
含み益は一時15万円くらいまで行きました。
『い・いかん決済しそうだ。スワップ目当てなのに』
と決済を遅らせましたが、結局前回の介入後の動き(結局介入前の金額以上に下落した)が頭をよぎり約10万円で決済しました。
"スワップ目的だったのにダメなぼくちゃん。決済するならするでもっと早くやろうよ"と落ち込んでたんですがWINさんの今回の記事を読んで"まぁ良かったんじゃないか"と思えました。ありがとうございました。
ちょい自慢入ってましたかね(^^) 義捐金にもう一本行かしてもらいます♪
[ 2011/03/20 12:40 ] [ 編集 ]

スワップ派はよく考えないとこつこつドカーンですね。
昔はわからずによくやられました。
計画的にやるかレバ1倍近くでやらなければ勝つのは相当難しいのではないでしょうか。
計画的なら、スワップ目標額に為替利益が追いつけば決済するとか、ストップつけるか・・・
[ 2011/03/20 12:56 ] [ 編集 ]

WINさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。
震災以降、かなり精神的に疲弊していて、ブログ更新やコメント廻りができませんでした。
でも、被災したわけでもない僕が、いつまでも俯いていても仕方ないので、前を向くことにしました。
東日本のみなさんは、本当に大変なんでしょうね…。
自分にできる範囲のことを、やっていきたいと思っています。
[ 2011/03/20 13:19 ] [ 編集 ]

私が2006年に書いた記事は純粋スワップ派の論調でしたが、今はスワップポジとトラリピポジを併用しています。

利確が決まり出せばスワップは無視して良いですからね。

今は大きな利が乗れば利確するかトレーリングストップですね。昔の様に高値が続く可能性は減っていますから、すぐに新しくしいれられるきがします。
[ 2011/03/20 13:29 ] [ 編集 ]

福岡には東日本から疎開してきた人が増えているのではないですか?
[ 2011/03/20 16:07 ] [ 編集 ]

ランド円は、1年分のスワップが為替差益で出来たら決済というルールを決めてました。今回、月曜に決済できたので、その後の下げには関係ありませんでした。ただ、下がったところで買う勇気はなく、今はノーポジです。
今後、一年間で買場が出てくるのを待ってます。
[ 2011/03/20 16:42 ] [ 編集 ]

こつこつドカーン、いやですね。
[ 2011/03/20 18:09 ] [ 編集 ]

実質日銀の単独介入になってしまいましたね
[ 2011/03/20 19:39 ] [ 編集 ]


答えをアップしちゃいそう(^_^;)

次のテキストを楽しみにしています^^
[ 2011/03/20 19:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winwinwinwinwin.blog42.fc2.com/tb.php/683-d246883f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。